Windows 10 に黒いテーマを適応する

シェアする

Windows 10 では設定画面などは白い背景が標準となっていますが、これを黒くする方法があります。見た目が変わるだけでとくにメリットは無いですが黒いとカッコ良いですね。

windows10-settings-before-black

これとかが黒くなります。

レジストリをいじるので変更の際には気をつけてください。

-- 2016-08-05 追記

Windows 10 Anniversary Update により設定欄からダークテーマを適用できるようになった。こちらのほうが簡単に設定できるので以下の記事を参考にしてほしい。

Windows 10 Anniversary Update でダークモードが標準で使えるようになった
Windows 10 では以前より隠し機能のような扱いでウインドウ等の画面を黒くする通称ダークモードもしくはダークテーマと呼ばれる機能があ...
Sponsored Links

Windows 10 に黒いテーマを適応する方法

Win + R キーを押して regedit と入力してレジストリエディタを起動しましょう。

起動したら左ペインのツリービューより HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Themes へ移動しましょう。

移動したら Themes を右クリックし新規 -> キー を選択し Personalize という名前で追加しましょう。

Personalize を開き空白を右クリックし新規 -> DWORD を選択し、AppsUseLightTheme という名前で追加しましょう。値はデフォルトで 0 ですがそのままで大丈夫です。

windows10-registry-edit-for-black-theme

そうしたら同じように HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Themes\Personalize にも AppsUseLightTheme を追加して保存しましょう。

windows10-registry-edit-for-black-theme-2

ここまできたら Windows をログオフもしくは再起動すれば画面が黒くなります。

windows10-settings-after-black

といっても全ての白い箇所が黒くなるわけではないですが、ちょっとカッコ良いですね。

Sponsored Link

シェアする

フォローする