Windows 10 でバックグラウンドアプリを制限する

シェアする

Windows 10 に限らずコンピュータにはバックグラウンドで動作しているアプリが沢山あります。必要なものであれば良いですが、不要なものが裏で動いていても困りますね。

Windows 10 であれば設定画面よりバックグラウンドアプリを制御する事ができます。

Sponsored Links

Windows 10 でバックグラウンドアプリを制限する方法

以下の手順により Windows 10 のバックグラウンドアプリを制限する事ができます。

スタートメニューより「設定」を選択します。

windows10-setting-menu-for-backgroundapps

設定画面が開いたら次は「プライバシー」を選択しよう。

左のメニューを一番下までスクロールさせると「バックグラウンドアプリ」という項目があるので選択しよう。

windows10-disable-background-apps

ここで各アプリ毎にバックグラウンド実行の有効/無効を選択する事ができます。

プリインストールのアプリなんかは全く使わないのに動きっぱなしになってるので使わないものはとっとと無効化しておきましょう。

Sponsored Link

シェアする

フォローする