WordPress で公開前の記事をログインせずに確認、共有できる Public Post Preview プラグイン

シェアする

ニュースサイトなどで記事を書いた際に他の人に内容を確認してもらいたいという事がよくあります。通常はそれ用に WordPress のユーザーを作ったり、パスワード付き公開したりしますがユーザをいちいち作るのは面倒ですし、パスワード付き公開は一覧などに載ってしまったりとこの用途では使い勝手が悪いです。

Public Post Preview というプラグインを利用すればログインしてないユーザに対しても URL を送るだけで記事のプレビューを確認してもらう事が可能になります。

Sponsored Links

Public Post Preview のインストール

公式に登録されているので管理画面のプラグイン新規追加画面より "Public Post Preview" で検索すると出てきます。そこからインストール -> 有効化とすすめていきましょう。

もしくは上記 URL よりファイルをダウンロードし、管理画面もしくはサーバに直接アップロード、管理画面より有効化しましょう。

Public Post Preview の使い方

特に設定項目は管理画面上には無いらしく、有効化するだけで使えるようになります。

投稿画面でレビュー待ちやスケジュールを設定したりすると "Enable public preview" というチェックボックスが表示され、チェックを入れると公開用の URL が表示されます。

wordpress-public-post-preview

あとはこれを他の人に渡すだけで公開前の記事を見てもらう事が可能です。

特にインタビュー記事や PR 記事などで WordPress ユーザー以外に確認してもらう際にかなり便利ですね。

Sponsored Link

シェアする

フォローする