Windows 10 標準の仮想デスクトップを使ってみる

シェアする

Windows 10 からついに仮想デスクトップが標準で使えるようになったようだ。以前まではフリーソフトを利用する必要がありましたが標準って使えるのは良いですね。

そんなに使うか?と言われると僕の使い方では多用しないんだけど、あればあったで便利な事もあります。というわけでメモ代わりに書いておこう。

Sponsored Links

仮想デスクトップの使い方

Win + Tab もしくはタスクバーにあるアイコンを押すと表示されるタスクビューの右下に追加ボタンがあるので、そこから仮想デスクトップを増やす事ができます。

windows10-add-virtual-desktop

増やしたらタスクビュー画面の下にデスクトップの一覧が表示されるのでそこから切り替えたりデスクトップを削除したりできます。

windows10-added-virtual-desktop

ショートカットキーも一通り揃っています。

Win + Tab タスクビューの表示
Win + Ctrl + d 仮想デスクトップの作成
Win + Ctrl + F4 仮想デスクトップの削除
Win + Ctrl + ←/→ 仮想デスクトップの切り替え

自分のマシンは何かを使って(忘れた) CapsLock を Ctrl キーに変更しているのですが変更後の Ctrl キーは使えず、キーボード本来の Ctrl キーでないと何故かショートカットキーとして認識してくれませんでした。よくゲームでもそういう事があるのでなんか違うんでしょうね。

Sponsored Link

シェアする

フォローする