英語の文法とスペルの誤りを指定してくれる Chrome 拡張機能 grammarly

シェアする

最近海外の友人とメッセージのやりとりをする事が多いです。といっても英語ネイティブの人はおらず、お互い超適当な英語で会話しています。英単語並べるだけでも通じるのですがやはりちゃんとした英語を覚えたいところ。かといって英語を勉強するのも大変。

Google Chrome であれば標準でスペルチェッカーが入っているが、さらに grammarly という拡張機能を利用すると英語の文法チェックとスペルチェックをより便利に使う事ができる。

この拡張機能をインストールし、会員登録を行えばテキストエリア内でスペルチェックと文法チェックが有効になります。

例えば Facebook のメッセージで以前送った英語を再度入力してみる。

chrome-grammarly-detect-wrong-english

こんな感じで文法が違うと表示される。さらに CORRECT WITH GRAMMARLY を押すと具体的にどうすれば良いのかを表示してくれる。

chrome-grammarly-correct-my-sentence

a か the を前につけろと言われた。文脈からすると the をつけるべきであった。

また、スペルチェックもただ注意されるだけでなく、正しい英語の候補が表示されます。

chrome-grammarly-correct-wrong-spell

さらにプレミアムアカウントになると文法チェックがより厳しくなったり語彙力アップ機能や Microsoft Office 用の Add-in も使えるようになります。

英語書くのが捗りますね。

Sponsored Link

シェアする

フォローする