Google Chrome のショートカットキーを変更できる拡張機能、Keyconfig

シェアする

Google Chrome 使っているとたまに間違えてショートカットキーを押してプリント画面やメーラーが立ち上がったりしてとても邪魔な事がありますね。プリンタは家に無いしメーラーはブラウザから GMail 開くしで不要なショートカットキーなんですがそれを変更するのはだるそうです。

なので Keyconfig というそのままな名前の拡張機能を入れる事でキーのカスタマイズをする事にしました。

この拡張機能を有効化し、設定画面を開くと以下のようにショートカットキーの一覧が表示されます。

chrome-keyconfig

標準では Vim ライクなキーが設定されており、hjkl でスクロールが可能となっています。もちろん Chrome 本来のショートカットキーもそのまま使えますが、同じキーに違う動作が割り当てられた場合は Keyconfig で設定したものが優先されるようです。 なのであるショートカットキーを無効にするにはそのキーを登録した上で「何も動作しない」を選択すれば OK です。

ショートカットキーに割り当てられるアクションは以下のように Chrome の基本的な動作は大体指定できるようですね。

chrome-keyconfig-action-list

僕のようにコンピュータの操作でキーボードを多様する人には良さそうな拡張機能です。

Sponsored Link

シェアする

フォローする