Google の Inbox アプリが使えるようになったので試してみた

シェアする

招待依頼メール出した事をすっかり忘れてしまった事にやってきたので今更ながら Inbox を使ってみた。

アプリだけでなく、Web ブラウザからも以下よりアクセスが可能。

従来の GMail や他のメールアプリとくらべて以下の様な特徴があります。

  • 類似メールごと分類し、まとめて処理する事が可能に
  • メールを開くこと無く重要な情報を確認できる
  • リマインダーを追加、メールと同じように扱う事ができる
  • メールやリマインダーはスヌーズ機能により指定した時間に再表示できる
  • フライトの予約やアドレスなどを簡単に探す事が可能に

例えばリクルートとかなんかいろいろ広告的なメールがまとめらてスワイプすると一度に処理できます。

inbox-done-at-once

これは Google Play でコマンドーをレンタルした時のメール。メールを開かなくても何を購入したのかがわかる。

inbox-instant-check

飛行機のチケットなどもこのような感じで表示されるのでわかりやすい。

新規作成ボタンを押すと良くメールを出す相手と共にリマインダーを選ぶ事もできます。メールと同じような感じで使えますね。

inbox-make-new-message-or-reminder

一覧画面でメールやリマインダーを左にスワイプすると出てくるスヌーズの画面。

inbox-snooze

また、画面左端からフリックする事でサイドバーにもアクセスする事が可能、今まで使っていたフォルダも使えます。

inbox-sidebar

モバイルから使う分には GMail よりかなり良いと思う。

ちなみにこのアプリを入れてると GMail と Inbox でメールの通知が同時に来てしまうので通知の設定を変更したほうが良いです。Inbox から GMail の通知をオフにする事もできます。

Sponsored Link

シェアする

フォローする