RSS フィードに署名を付けて盗作を防ぐ WordPress プラグイン RSS Footer

シェアする

世の中にはコンテンツを機械的にコピーして自分のサイトに載せるような人がいるみたいです。自分はまだ被害に合ってない(のか気づいて無いのか)のですが、たまにはてブなどで見かける事がありますね。

コンテンツをコピーするのによく使われるのが RSS です。RSS リーダーなどによってユーザーに便利に見てもらう為にある仕組みですが悪用される事もあります。

コピーを完全に防ぐ事はできませんが、RSS に署名などのテキストを追加してオリジナルはどこにあるのかを表示する事はできます。RSS Footer という WordPress プラグインもその一つです。

Sponsored Links

RSS Footer のインストール

WordPress 管理画面のプラグイン新規追加より RSS Footer で検索すると出てくるのでインストール -> 有効化とすすめていきましょう。

もしくは上記 WordPress 公式よりファイルをダウンロードし plugins ディレクトリへインストール、管理画面より有効化しましょう。

RSS Footer の使い方

プラグインを有効化するとデフォルトでは以下の様なテキストが RSS の各記事末尾に付きます。

rssfooter

もちろんこの文言は設定により変更可能です。

rssfooter-settings

以下の文字列は URL 等へ変換されます。

  • %%POSTLINK%% 記事のURL
  • %%BLOGLINK%% ブログのURL
  • %%BLOGDESCLINK%% ブログへのリンク(説明文付きのリンク)

この画面の少し下でプレビューを見る事もできます。

本気でコピーコンテンツの対策を行うならこれだけでは不十分なのでまた別に解説を書きたいところですが、とりあえずということで。。。

Sponsored Link

シェアする

フォローする