ラオスのビエンチャンでプリペイド SIM を購入する

シェアする

日本人はノービザで入れる割にあまり人気のないラオスにいます。いわゆる田舎といった感じで首都でも高層ビルなど無く、のんびりした雰囲気の良い場所です。

さて海外へ来たらまずする事の一つにプリペイド SIM の購入があります。ラオスでもさっそく入手しに近所の大きなショッピングモールである、タラート・サオへ行ってきました。

Sponsored Links

ラオスのプリペイド SIM 事情

ラオスでは以下の4キャリアが主流のようです。

  • Unitel
  • Beeline
  • Laotel
  • ETL

4G(LTE)は Laotel 及び Beeline でビエンチャン、ルアンパバーン等の主要都市のみで開始されている、らしいのですが僕の Laotel ではまだ LTE の表記を見ていません。

首都及び主要都市以外では Beeline, Unitel のほうが Laotel, ETL より速いらしいのですが自分は Laotel しか所持していないので確認できず。

軽く wiki などを見た感じ、どれもあんまり変わらないような気がします...。

ビエンチャンのタラート・サオでプリペイド SIM を入手

携帯ショップが並んでいると聞いて首都ビエンチャンにあるタラート・サオというショッピングモールに行ってきた。

talatsao

タイからの国際バスが到着するターミナルに隣接している他、バックパッカーが集まるストリートからも徒歩でいける範囲と便利な立地です。

ここのグラウンドフロアに携帯電話やガジェット類、そして SIM カードを扱う店が集まってます。適当な店で「プリペイド SIM ある?」って聞くと何かしら出てくるので料金とプランを確認して購入しましょう。

僕が購入したのは M Phone というブランドのデータ通信用 SIM である M Broadband で回線は Laotel らしい。

mbroadbandsim

料金プランは覚えているのは以下の2つ。

  • 1GB/1day 5000 LAK
  • 5GB/30days 50000 LAK

自分は二週間ラオスにいる予定なので 5GB/30days を選んだ。これに SIM 代が 50000 LAK かかり合計 100000 LAK, 現在のレートで大体一四七〇円ぐらいか。この値段で 5GB も使えるのは良いと思う。

もちろん店員が開通手続きや設定をやってくれる。

laotelecom3g

3G の電波が入ったのでこれでラオスでもネットができますね。

Sponsored Link

シェアする

フォローする

コメント