Unity 5.0 が正式にリリースされましたね

シェアする

unity5

Unity 5.0 が正式にリリースされました。特設ページを見ながら何がどう変わったのかを確認しつつメモしよう。

  • グラフィックの向上
    • 標準シェーダーが新しくなった
    • リアルタイムグローバルイルミネーションでより自然なライティングに
    • 新しいHDRリフレクションプローブ
  • 機能豊富で柔軟なエディター
    • 新しいオーディオミキサー
    • 新しい物理エンジン
    • 強力になったアニメーター
  • 21のプラットフォームに対応
    • WebGL プレビュー
    • Oculus Rift サポート
    • iOS Metal レンダリング
  • クラウド
    • Unity Cloud Build
    • Game Performance Reporting
    • Unity Analytics
    • Unity Editor の 64bit 化
    • iOS 64 bit 対応
    • 刷新されたディファードレンダリング
    • グラフィックスコマンドバッファ
    • リニアライティング、HDR、スカイボックスやキューブマップの改善
    • ジョブスケジューリングシステムと、CPU タイムラインプロファイラによる CPU コア使用状況の可視化と改善
    • Navmeshの経路探索システムの改善
    • 草木を生成する SpeedTree
    • フレームデバッガにるグラフィックの問題の追跡
    • プロジェクトウィザードの改善
    • 標準アセットの更新
    • 新しいUIとアセットバンドルビルドシステムのためのスクリプトAPI

リリースノートはめちゃくちゃ長いのであとで読む...。

ライセンスの面では今まで Pro 版でしか利用できなかった機能が無料版である Personal Edition でも利用できるようになった事が大きそうです。

Unity 仮面がいうにはスプラッシュスクリーンがあるかないかだけらしい。

自分は Unity 4.6 をリネームして保存、プロジェクトもバックアップを取った状態で Unity 5 をインストールして起動しましたが今のところちゃんと動いています。やったね。

Sponsored Link

シェアする

フォローする