WordPress の投稿時にタグやカテゴリ等の入力忘れを防ぐ Post Type Requirements Checklist

シェアする

ブログに投稿する際は本文やタイトルはもちろん、タグ、カテゴリー、抜粋、画像等様々な要素を入力、設定する必要があります。項目が多いと毎日やっていてもたまに忘れる事があります。

Post Type Requirements Checklist というプラグインを利用すると入力すべき項目をチェックリスト化して投稿前に入力漏れに気づく事が可能になります。

Sponsored Links

Post Type Requirements Checklist のインストール

管理画面のプラグイン新規追加画面より Post Type Requirements Checklist で検索すると出てくるのでインストール -> 今すぐ有効化としましょう。

もしくは上記 URL よりファイルをダウンロードし、plugins ディレクトリへアップロード、管理画面より有効化しましょう。

Post Type Requirements Checklist の使い方

インストールして有効化したらまずは設定を行いましょう。

投稿及びページのそれぞれに対してどの項目を必須とするかを選択する事ができます。

post-type-requirements-checklist-settings

選択できる項目は

  • タイトル
  • WYSIWYG エディター
  • 見出し画像
  • カテゴリー
  • タグ
  • 抜粋

の5つです。タグとカテゴリーはそれぞれ何個設定するかを指定可能です。

このプラグインを設定した状態で投稿画面を開くと設定した項目が入力されてない場合は以下のようにリストが表示されて何を忘れているのかに簡単に気づく事ができます。

post-type-requirements-checklist

例えばこの場合では「タイトル」、「カテゴリ」、「タグ」の三種類を必須として「カテゴリのみ入力した状態です。他の2つが入力されてないので投稿ボタンが表示されてません。

これで入力漏れを防ぐ事ができますね。

Sponsored Link

シェアする

フォローする