WordPress に好きなように Shortcode を作成できる Global Content Blocks

シェアする

ブログ記事内に繰り返し利用する文言や処理等を毎回コピペしたり書きなおしたりするのは面倒です。そういった用途の為に WordPress は Shortcode という機能を提供していますが、素の状態では functions.php を編集するなどして追加や編集しなければいけず、手軽とは言えません。

Global Content Blocks という拡張機能を利用すると、管理画面上より Shortcode の追加や編集が簡単に行えるようになります。

Sponsored Links

Global content blocks のインストール

WordPress の管理画面にあるプラグイン新規追加画面より "Global content blocks" で検索すると出てくるのでインストール -> 有効化と進めていきましょう。

もしくは上記 WordPress の Web ページよりファイルをダウンロードし、plugins ディレクトリへアップロード、管理画面上から有効化しましょう。

Global content blocks の使い方

インストールしただけではまだ何もショートコードが登録されてないので、ショートコードを作成しましょう。

管理画面の設定欄に Global content blocks という項目ができているのでそこをクリックし、"Add a New Content Blocks" を押して追加しましょう。

globalcontentblocks-addnewbutton

そうすると登録フォームが表示されます。

登録できるショートコードは普通のテキスト、HTML(Formやiframe含む)、PHP、アドセンスコード等です。

globalcontentblocks-editform

試しに現在の日時を表示する PHP のショートコードを作成してみました。

globalcontentblocks-list

test という名前をつけたので [contentblock id=test] というショートコードで実行できるようになります。

globalcontentblocks-in-post

ちゃんと日時が表示されました。

自分であれこれ細かく設定したい人には良さそうですね。

Sponsored Link

シェアする

フォローする