Android がより便利になるランチャー系アプリ5個

シェアする

Android でアプリを起動する際はホーム画面やアプリ一覧画面からアイコンを選んで押す他に、ランチャーと呼ばれるアプリを利用する事でより便利に扱う事ができます。

例えば

  • ホーム画面に置けるアイコンの数は決まってるけどもっとアプリを使いたい
  • アプリ一覧からはアイコンが多くて探すのが大変
  • アプリを実行中に他のアプリを使いたい時にホーム画面に戻るのが面倒

などといった場合にはランチャーを使うと便利です。

ランチャーアプリは Google Play には大量にあってドレを使おうか迷ってしまいます。ここでは自分が使った事のあるランチャーを簡単に紹介していきます。

Sponsored Links

Lazy Swipe

lazy-swipe1

画面の隅より扇状のランチャーが出せます。アプリの起動だけでなく、Wifi や音、ライト等の各種設定の変更や最近使ったアプリの一覧も出せて使いやすいです。

Bar Launcher

barlauncher

Android のステータスバー上に表示されるランチャーです。他のランチャーは画面端からスワイプなどで動作しますがアプリによっては間違ってランチャーを起動してしまったなんて事もあります。ステータスバーであれば間違って開く事はそうそう無いでしょう。シンプルで良いと思います。

Home Button Launcher

homebuttonlauncher

Android ではホームボタンを上へスワイプすると Google Now が起動しますがそれが不要であれば他のアプリに切り替える事もできます。Home Button Launcher もその一つで、ホームボタンからランチャーを起動する事ができるようになります。

Front Most

frontmost

画面上の指定した位置をランチャー化できます。フリックで起動だけでなく、タップ、ダブルタップもそれぞれ設定可能です。アプリの起動だけでなく、ホームや戻るボタン、通知領域の表示に各種設定の変更なども実行可能です。設定の自由度が高いのでカスタマイズ好きな人には良いかも。

GloveBox

glovebox

UbuntuPhone (って今どうなってるんだ?) のランチャーを Android でも使えるようにしたのが GloveBox です。画面端からスワイプする事でランチャーが起動し、アプリや設定を選べます。

まとめ

正直どれも「画面端からスワイプする」という動作で起動するのでもう見た目で選べばいいんじゃないかなと思います。

Sponsored Link

シェアする

フォローする