画像を劣化させずに容量を削減できる Mac のアプリ ImageOptim

シェアする

Web に画像をアップする際はなるべく容量を削減して出来る限り軽い画像を利用したいところ。でも圧縮しすぎて画質が悪くなるのは困ります。

そういう場合には ImageOptim というアプリケーションを利用してみるのも良いと思う。画質はいじらず、メタデータ等の通常表示されない画像内のデータを削除する事でファイルサイズの削減をしています。

Sponsored Links

ImageOptim を使ってみる

以前撮った写真を ImageOptim に突っ込んでみましょう。

ウインドウにドラッグした瞬間に処理が始まり、今あるファイルを上書きしてしまいますのでバックアップが必要な場合は予めとっておきましょう。

imageoptim

15%ほど削減されました。

画像の情報を見てみましょう。

imageoptim-exif-before

これが...

imageoptim-exif-after

こんな感じにすっきりしました。確かに不要なデータが削除されてますね。

デフォルトでは画像の圧縮は行いませんが設定により JPEG の圧縮率等を変更する事ができます。

imageoptim-compressjpg

当然画質は悪くなりますがさらに容量を削減したい場合にはこの設定を変更すると良さそうです。

Web に上げる画像サイズは常に意識しておきたいところですね。

Sponsored Link

シェアする

フォローする