WordPress のプラグインやテーマ等のアップデートを止める Disable All WordPress Updates

シェアする

WordPress をいろいろイジったら本体のアップデートで動かない箇所が出てきたなんて事がたまにあります。僕が体験したのはホント極稀なんですけど。

自分の Web サイトならまだしも、納品したものがアップデートにより動かないなんて事があったら大変困ります。もちろんアップデートはしたほうが良いんですけど、勝手にされて動かなくなったとか面倒なので Disable All WordPress Updates というプラグインを利用してアップデートの機能自体を消してしまいましょう。

Sponsored Links

Disable All WordPress Updates のインストール

管理画面のプラグイン新規追加画面より "Disable All WordPress Updates" と入力すると出てくるのでインストール -> 有効化とすすめていきましょう。

もしくは上記プラグインのページよりファイルをダウンロードし、解凍して Plugins ディレクトリへアップロード、管理画面より有効化しましょう。

Disable All WordPress Updates の使い方

このプラグインは有効化しただけで WordPress コア、プラグイン、テーマのアップデートが全て無効になります。

有効化前はこのように多数のアップデートがあるのですが・・・

disable-all-wordpress-updates-before

有効化したら全てアップデート済みと表示されます。

disable-all-wordpress-updates-after

また、プラグインページ等からもアップデートのリンクが消えてしまいました。これで勝手にアップデートされる可能性はかなり低くなったと思います。

もちろんこのプラグインを無効化したらアップデートできるようになるので、ちゃんと検証できたらアップデートしましょう。

Sponsored Link

シェアする

フォローする