Chrome で開いたタブを一時的に閉じれる Tab Snooze

シェアする

ブラウザ使ってるといつのまにかタブが大量に開かれているなんて事がよく有ります。使わないのに放置しておいたらメモリの無駄となりますね。パソコンが遅くなる事もあります。

Google Chrome であれば Tab Snooze という拡張機能を利用すると使わないタブを一時的に閉じ、指定した時間経過したら自動的に開く事が可能です。

以前紹介した Tab Memory Purge のような感じですが Tab Memory Purge がタブを初期化してメモリを節約するのに対して Tab Snooze はタブそのものを閉じてしまうという違いがありますね。

Sponsored Links

Tab Snooze の使い方

拡張機能をインストールしたらツールバー上に三日月形のアイコンが表示され、押すと以下のようなメニューが表示されます。

tabsnooze-menu

ここから現在開いているタブを閉じ、いつ復活させるかを指定する事が可能です。

試しに「Tomorrow」を押すとこのタブが閉じ、Snoozed List に閉じたタブが登録されます。

tabsnooze-list

この一覧から指定した時間になる前にタブを復活する事も可能です。

また、タブだけでなく Todo も登録でき、同じように時間を指定する事が可能です。

tabsnooze-todo

Tab Snooze を実行するショートカットキーの指定や「あとで」の具体的な時間、日や一週間の始まりの日の設定も可能です。

tabsnooze-options

タブをつい開きすぎてしまうけど自分で管理したい場合には良さそう。

Sponsored Link

シェアする

フォローする