マレーシアでデータ通信できるプリペイド SIM カードを手に入れた

シェアする

現在マレーシアのクアラルンプールにいます。ここでは長期(といっても一、二ヶ月ぐらい)滞在予定なのでプリペイド SIM カードを入手し、スマートフォンによるデータ通信を行えるようにしました。SIM ロックフリーのスマートフォンを所持していればとても簡単に購入する事が可能です。

Sponsored Links

マレーシアのクアラルンプール国際空港でプリペイド SIM カードを手に入れる方法

クアラルンプール国際空港で諸手続きを終えアライバルゲートについたら以下の三キャリアのお店が目の前にあります。ショップの人も旅行者に慣れてますしこのどれかを使うのがとても手っ取り早いと思います。

  • Hotlink
  • Celecom
  • Digi

自分は一番近くにあって且つプラン表が目立つとこにあって分かりやすかった HotLink のプリペイド SIM を使用しました。

hotlink

一ヶ月のデータ通信量が 1.5G で SIM 代込で 38RM(1300円ぐらい) だったかな。一週間のプランもあるので短期滞在者でも使えます。使いたいプランを店員に言ってお金とスマートフォンとパスポートを渡せば設定まで全てやってくれます。SIM カード自体は通常の大きさのしかないのですが MICRO SIM や NANO SIM へのカットもやってくれます。

自分は Google Play 版の Nexus 5 を利用していますのでこれで設定してもらいました。言語設定を英語にしておくと店員も設定しやすくてスムーズに進みます。

hotlink-mymaxis

表示は MY MAXIS となっているので MVNO キャリアかなんかでしょう。もちろん LTE も利用できますがわりと頻繁に HSDPA と LTE が切り替わるのでまだまだこれからでしょう。速度に不満は無いですが場所によっては繋がりが悪いところもあります。あともちろんテザリングもできます。

とりあえずこれでいつでもどこでもネットができます。やったね。

-- 2015/02/04 追記

データ通信量をオーバーしても低速でインターネットを使う事が可能のようです。遅いけど Twitter やテキスト中心の Web ページぐらいならどうにかできる感じ。

また、期限を過ぎた際のプランの再申請は自分でやる必要があります。以下に記事を書きました。

Sponsored Link

シェアする

フォローする