WordPress の高速化と SEO を一つのプラグインで対応できる WP Optimize By xTraffic

シェアする

WordPress で Web サイトを作成する場合、通常は SEO や高速化のためにアレコレ設定変更したりプラグインを導入すると思います。しかし WordPress のプラグインは数多くありどれを入れるべきか迷ってしまいますし、大量に入れると管理が大変です。

WP Optimize By xTraffic というプラグインでは複数の機能をまとめて WordPress に追加する事ができます。

Sponsored Links

WP Optimize By xTraffic でできる事

WP Optimize By xTraffic には以下の機能があります。

  • 内部リンクの自動生成
  • 画像の最適化(透かしの追加、画像サイズの縮小、alt/titleの最適化、ファイル名の変更)
  • WordPress の高速化(キャッシュの最適化、JavaScript/CSS/HTMLのMinify等)
  • トラフィックの最適化(関連する記事の追加等)

今まで別々のプラグインで実現してた機能を一つのプラグインで行えるようになるので便利です。

WP Optimize By xTraffic のインストール

管理画面より "WP Optimize By xTraffic" で検索すると出てくるのでインストール -> いますぐ有効化としましょう。

もしくは上記 URL よりダウンロードし plugins ディレクトリへアップロード、管理画面上で有効化しましょう。

WP Optimize By xTraffic を使ってみる

実際にブログにいれてみました。

内部リンクの自動生成

タグやカテゴリーなどに応じて投稿内の単語に自動的にリンクを張る事ができます。

wpoptimize-internallink

WP Optimize の Optimize Links を選択し、”Enable Optimize Links" のチェックをいれるだけです。

wpoptimize-internallink2

タグやカテゴリー、投稿タイトルの他に自分で定義を追加する事も可能です。

画像の最適化

画像の最適化では画像のファイルサイズを削減させるだけでなく、alt/titleの変更、透かしの追加、ファイル名の変更、を行う事が可能です。

wpoptimize-optimizeimage

WP Optimize の Optimize Images を選択し、”Enable Optimize Image File" のチェックを入れ、その下の設定をするだけです。

高速化

高速化の項目では JavaScript, CSS, HTML, CDN, 及びそれらのキャッシュの設定を行う事が可能です。

wpoptimize-optimizespeed

JavaScript, CSS, HTML ではファイルの統合、Minify などの設定を行えます。

トラフィック最適化

モジュールを追加し、サイト内へのリンクを増やす事ができます。

wpoptimize-optimizetraffic

他には Head, Footer, Article タグなどにタグを追加する事ができたり、Custom Post Types の指定を行えたりできます。

複数の機能を同時に扱えるのはわりと楽で良いですね。

Sponsored Link

シェアする

フォローする