Android の Google 日本語入力がアップデートで使いやすくなった

シェアする

今日 Google 日本語入力のアップデートがあったようですね。さっそくアップデートしてみたら Google 日本語入力の唯一の難点だと思っていた点が解決しました。

googlejapaneseime

このスクリーンショットだととてもわかりにくいですが、画面左下にある日本語フリック入力と QWERTY 配列の切替がトグルになりました。数字は QWERTY 配列のキー上部を上フリックする事で入力可能です。下フリックだと大文字が打てます。

これ、以前までだと入力モードが「日本語フリック」「QWERTY」「数字」と3つあって「QWERTY」から直接「日本語フリック」に変更できなくてボタンを二度押しする必要があってすごい面倒臭かったんですよね。いやもうマテリアルデザインとかどうでもいいからこういう使い勝手の向上をどんどんやって欲しいですまじで。マテリアルデザインも嫌いじゃないんですけど。

ちなみにその他の変更点は以下のようなものがあるらしいです。

  • マテリアルデザインへの対応
  • 携帯配列のアルファベット入力時に下フリックで数字の入力が可能に
  • 日本語フリック入力時に()〜…を入力できるように
  • ハードウェアキーボード使用時の変換候補のウインドウを変更
  • 入力方法変更ボタンの追加
  • 絵文字の追加
  • 音声入力へのショートカット
  • 絵文字入力へのショートカット
  • 32bit MIPS と ARM 64bit への対応

Android の IME は Google 日本語入力があれば十分ですね。

Sponsored Link

シェアする

フォローする