Mac のウインドウ操作を便利にする 1Piece

シェアする

Mac のウインドウ周りの操作、標準状態ではシンプルというか結構適当な感じするのでいろいろフリーソフトを試してるところです。なんだかんだで標準に戻ってくる事が多いですが。

最近知った 1Piece というアプリは設定項目が非常に多く、よりウインドウ操作を便利に扱えそうです。

Sponsored Links

1Piece でできる事

このアプリケーションを使用して以下の事ができるようになります。

  • command + tab の代わりになるようなウインドウの一覧を表示
  • ホットコーナーを使用したウインドウ操作
  • タイトルバー上でスクロールして最大化などのアクションを割り当てる
  • ウインドウを閉じたらアプリ自体を終了させる
  • アプリケーション切替時に「Dockを自動的に隠す/表示」機能を自動的に入/切する
  • ウインドウサイズの自動調節
  • メニューバー上のアプリケーションを並び替える
  • 修飾キー二度押しでアプリなどを起動可能に
  • ホットキーを使用してコンテキストメニューを表示

ちょっと機能が多すぎて全部試してないですが...。

例えばウインドウ切替は以下のような感じに縦型のリスト+スクリーンショットでわかりやすく表示される。

1piece-windowlist

標準では option + tab で表示できるがもちろん変更可能。このウインドウ切替、最小化したウインドウでもちゃんとアクティブな状態にしてくれる。command + tab だとアプリケーション自体は切り替わるけどウインドウまで開いてくれないんですよねぇ...。ウインドウ一覧に表示/非表示する項目などもこの画面からダイレクトに設定可能。ここまでできるアプリは見たことない。

ホットコーナーからウインドウ一覧を出してみた。

1piece-hotcorner

自分はとにかくキーボードで操作したいので使う事はないですが、マウス派には良いかも?

設定画面。

1piece-settings

ショートカットキーやホットキーの設定など、かなり細かく設定できます。このカスタマイズ性の高さは良いです。

しばらく利用してみよう。

Sponsored Link

シェアする

フォローする