夏休みにマニラに行ってきた

シェアする

去年みたいに夏休みを9月の連休に合わせて1周間以上居ようとしたけど今年はイロイロあって5日程度になったのでさくっとマニラをぶらぶらしに行ってきた。初フィリピンです。

いつものように成田空港から飛び立つ。のだけどマニラのニノイ・アキノ空港でレーダー不良により飛ぶ事ができず、5時間程遅れて到着する事に...。最初から不安である。

ついでに現地は台風がきてマニラ都市部は洪水が起きているらしい。なんというタイミングに行く事になったんだ。

しかしホテルの近辺は洪水の気配すら無く、雨も降らず観光にはもってこいの天気であった。一応折りたたみ傘は常に持ち歩いてたけど使う機会は無かった。この季節は大抵スコールが降るもんだと思ってたんだけど、運が良かったかな。

フィリピンは古くはスペイン領、第二次世界大戦ぐらいまでアメリカの植民地だった事もありキリスト教徒が多く、写真のような西洋風の建物も多く有る。

宿の近くにはリサール公園というデカイ公園がある。宿の人曰くホセ・リサールというフィリピンの英雄が処刑された場所であり公園の名前も彼から取られているらしい。

リサールの象はわかるんだけど、他によくわからないオブジェが沢山ある。

フィリピンの猫は全体的に小ぶりな気がした。

なにこれ。

オベリスク。

公園を離れて向こう側にいこうとしたけど横断歩道が見当たらない。。。

流石東南アジアだ。車が動いてないタイミングを見計らって渡った。

台風の影響か?

ここからイントラムロスへ。16世紀頃のスペイン人により建てられた都市で壁で囲われた要塞となっている。歴史的な建造物も多く、現在は観光地化しているが普通に人々が生活しているし教会は現役で使用されている。自分が行った時は結婚式が行われていた。

トライシクルが大量に待ちかまえていた。歩くのだるいしガイドブックとか全く持ってなかったのでお世話になる事に。300php/30minとかいうくっそ高い値段ふっかけてきたのがだるい。舐められてるのか。

マニラ大聖堂。地震やら台風やらで何度も破壊されては修復されてを繰り返している。

結婚式なうだった。

次はサンティアゴ要塞。防衛の要だったらしい。今では周囲を埋め立てられてて外壁が残るのみだ。

壁が分厚い。

やはり猫は小さい。

城壁、なんだけど反対側はゴルフコースになってる。

こっちはサン・アグスティン教会。

お金払うと中入れる。

フラッシュ禁止だけど写真は撮れる。

こっちも結婚式なうだった。

台風で水没したゴルフコース。水はけ悪いっぽい。

旧日本軍が使用した武器庫だっけな?ここの要塞は第二次世界大戦時でも使われたらしい。

元スペイン領らしく旧闘牛場も。

一日目はこのぐらいで夕飯の時間になったので宿に戻った。マニラの夜は治安良くないと聞いているので用心した。

二日目はもうひとつでかい教会が近くにあるというので歩いていった。

これはシティーホール

めっちゃ天気良い。

車の量多い...。

キアポ教会が見えた。

日曜だからか教会は人が多い。

暑い。。。

次はサンセバスチャン教会。

どっから中に入るのかわからんかったから外だけ。この教会、なんと鉄製らしい。

隣には大学がある。

あとはそのへん散歩したりトライシクル乗ってぶらぶらしてた。

電車はこんなチケットを買う。

行き先を言って金払うだけ。

空港に一番近い駅である Baclaran 駅近辺。

空港へはここからトライシクルで行く。タクシーでもいいだろうけど、一番近くにいたので。

乗せてってくれたおっさん。自信満々にターミナルワンに連れてくれたかと思ったらカーゴ用の出入口だった。shit!

他のトライシクルに乗って行った。やれやれ。

帰りの飛行機は定刻通り飛んでくれた。良かったよかった。

次はどこに行こうかな。

Sponsored Link

シェアする

フォローする