docomo から IIJ mio に変更して一ヶ月ほど経った

シェアする

iijmio

先月末にスマートフォン(Nexus 5)の回線を docomo から IIJ mio に変更してから約1ヶ月ほど経過した。今のところ docomo の時と何ら変わらず快適に利用できている。といっても IIJ mio は docomo の MVNO なので電波的には同じ、そこから先のネットワークが違うぐらいだろう。IIJ は元々インフラ屋なので大丈夫だろうなとは思っていたがその通りであった。

8月はまだ終わっていないが30日の時点でデータ通信量は 1.1GByte ほど。今月はあまりテザリングを行わなかったのでそこまで多くないがテザリングを行っても僕の使い方では 2GByte を超える事は稀だろう。ちなみに IIJmio のプランでは最大月 3GByte まで。コレ以上使用する場合は別途クーポンを購入する必要がある。IIJmio(に限らずMVNO) の利用を考える場合は月の使用量を把握した上でプランを選ぼう。

データ通信量が上限、もしくはクーポンを使用しない場合は通信速度 200kbps まで落ちるが試しにオフにして実行しても Twitter やメール等の文字データが中心の場合はそんなに気にならない。初期ブーストのおかげだろうか。画像があると辛くなるけど。以前計測した際にも 200kbps を超えた速度が出ていたので IIJ さすがだなぁという感じ。

ただ一々 IIJmio のアプリを起動してオン/オフを切り替えるのが面倒くさいので基本的に高速通信はオンにしっぱなしになる。スイッチするだけのウィジットがあれば良いかも。

おまけについてきた Wi2 の公衆無線 LAN だがまだ使用しておらず。。。データ通信量に余裕があれば別に使わなくても良いかと思う。

そんな感じで、docomo の時と何ら変わらず利用できてる。違いは値段が下がったのと LINE で ID 検索できないぐらいか。やはりキャリアは土管屋であるべきだなぁと思う。あと LINE は仕様変えろや。

Sponsored Link

シェアする

フォローする