Mac のアプリを Windows みたいに赤い x ボタンを押して終了させる RedQuits

シェアする

Mac ではウインドウの左上にある赤いバツボタンを押すとウインドウは閉じる事ができますが、閉じるだけで終了しないアプリケーションが多いです。なので、Windows のノリでもう不要だからとバツボタンを押しても command + tab の一覧に出続けて邪魔だったりします。

この挙動を Windows のように赤いバツボタンを押して終了させるよう変更する為のアプリが RedQuits です。

Sponsored Links

インストール

インストール自体はダウンロードしたパッケージを開いてウィザードにしたがって進めていくだけですが、実行する際にアクセシビリティの設定を変更する必要があります。

redquits-before-run

Preferences -> Security & Privacy -> Privacy -> Accessibility と進め、RedQuits を有効にしておきましょう。

redquits-accessibility-setting

RedQuits の起動

起動時には以下のダイアログが出ると思います。

redquits

上から、

  • ログイン時に自動で RedQuits を起動する
  • ウインドウが一つだけの場合にのみアプリを終了する
  • RedQuits を有効にする

となります。

有効にしておけば左上の赤いボタンを押せばアプリケーションごと終了してくれます。地味に便利。

Sponsored Link

シェアする

フォローする