マルチプラットフォーム対応で NFS や FTP にも繋げれる二画面ファイラ muCommander

シェアする

mucommander-logo

普段 Mac を使用する際, ファイラーは標準の Finder, scp などは filezilla を利用してます。が、何故か SMB に繋がらなくて調べている時に見つけた muCommander というファイラーがなかなか便利だったのでメモ。

Sponsored Links

muCommander の特徴

以下のような特徴がある。

  • マルチプラットフォーム対応(Windows/Mac/Linux/*BSD/Web ブラウザ等Javaが動けばだいたい動くらしい)
  • ローカル以外にも FTP/SFTP/SMB/NFS/HTTP/Amazon S3/hadoop HDFS/Bonjour に対応
  • 圧縮ファイルの作成や解凍、中身の閲覧が可能(ZIP, RAR, 7z, TAR, GZip, BZip2, ISO/NRG, AR/Deb, LSTに対応)
  • ZIP ファイルはオンザフライで編集可能
  • タブナビゲーション
  • マルチウインドウ
  • 豊富なキーボードショートカット
  • 設定項目の多さ
  • 多言語
  • GPL
  • アイコンがかわいい

これがあれば Finder も Filezilla もいらなくなる。若干ショートカットキーが独特な気がするが慣れるだろう。

右に sftp, 左にローカルでタブ表示してみた。

mucommander

唯一の難点は WordPress の Editor 欄にドラッグしたときに画像のアップロードが効かないぐらいか。

muCommander のインストール時に "ファイルが壊れています" って出る

OS X Mavericks で実行しようとすると ”ファイルが壊れています” みたいな表示が出た。

公式のトップページにもあるが、環境設定の Security & Privacy -> General -> Allow apps downloaded from の項目を Anywhere にすれば解決する。

mucommander-security-setting

Sponsored Link

シェアする

フォローする