Mac のクリップボードの履歴を取れる ClipMenu

シェアする

通常クリップボードには一つしか格納できないのだけど、これを拡張してくれるのが ClipMenu というアプリケーション。クリップボードだけではなく、スニペットも利用できるし、クリップボード上にあるテキストを編集して貼り付けとかもできて便利そう。さっそく使ってみる。

アプリを起動するとメニューバーにクリップボードっぽいアイコンが表示されます。

Sponsored Links

使い方

以前コピーしたものを再度利用したい場合は、貼り付けたい場所にカーソルをあわせ、Shift + Command + V を押します。ショートカットキーは変更可能です。

clipmenu

履歴の順番にフォルダが表示されるので、ここから選ぶ事ができます。マウスカーソルで合わせるのだるいのですが、数字キーを入力する事で簡単に貼り付けるものを選ぶ事もできます。

選択すると、選択したものをクリップボード内に置いた上で貼付けを行います。

対応しているクリップボード

以下の8つのクリップボードタイプに対応しています。

  • プレーンテキスト
  • リッチテキスト形式(RTF)
  • リッチテキスト形式ディレクトリ(RTFD)
  • PDF
  • ファイル名
  • URL
  • TIFF画像
  • PICT画像

貼り付ける文言を編集する

このソフトでは、貼り付ける際にアクションを指定(デフォルトでは Control + クリック)する事で文字列を編集する事が可能です。

例えば以下のようなアクションを行う事ができます。

  • プレーンテキストで貼付け
  • 全て大文字/小文字へ, キャピタルケース, タイトルケース
  • MD5/SHA-1 を計算
  • Base64 のエンコード/デコード
  • タグを除去/指定のタグで囲う
  • 指定の文字で囲う
  • マークダウンをHTMLへ変換
  • 半角全角変換

などなど

このアクションは JavaScript を利用しており、ユーザが追加する事も可能だ。

JavaScript アクションの追加

アクションを追加するには /Users/UserName/Library/Application Support/ClipMenu/script/action 以下に js ファイルを置く事で追加される。フォルダが無かったら作成しよう。

$ cat test.js
return clipText.toUpperCase();

スクリプトを作成したら設定画面のアクションタブで追加しよう。

clipmenu-preference

そうするとアクションメニューに表示されるので選択すると作ったスクリプトが反映される。

clipmenu-user

これは便利だ。

Sponsored Link

シェアする

フォローする