Web サービスを連携できる IFTTT が Android でも使えるようになった!

シェアする

ifttt-for-android

IFTTT という Web サービスなどを連携させる事で様々なアクションを行うサービスがあります。長らく Web 版と iOS 版だけだったのですが、 Android 版が昨日リリースされ使えるようになりました。やったね!

IFTTT - Google Play の Android アプリ

Sponsored Links

IFTTT って何

上でも簡単に説明しましたが WEB サービスや端末の状態などに応じて行うアクションを組み合わせる事で様々なアクションを自動で行う為のツールです。組み合わせたものをレシピと言います。

例えば、

  • Instagram の撮った写真を壁紙に設定する
  • オフィスについたら端末をミュート&バイブレーションを有効にする
  • スクリーンショットを撮ったら OneNote に保存
  • 明日雨振るなら通知する
  • last.fm の Loved tracks を Facebook にシェア

などなど。要するに普段やってるちょっとした作業を自動化できます。

IFTTT の使い方

動作確認用の簡単なレシピを作って IFTTT の動きを理解してみる。

基本的には「if hogehoge then fugafuga」といった式で、「もし hogehoge ならば fugafuga する」という処理を作ります。

ifttt-sample1

サンプルということで何れかの WiFi に繋がったら通知を出すようなレシピを作ってみます。上記画面の + ボタンを押すと、割り当てられる処理の一覧が出てきます。

ifttt-sample2

Android Device にある Connects to any WiFi network を選択します。

ifttt-sample3

そうしたら画面が戻るので、右側の赤い + ボタンを押して行う処理を追加します。

ifttt-sample4

Android Notifications にある Send a notification を選びます。

ifttt-sample5

これでレシピの完成です。 Finish を押しましょう。

ifttt-sample6

この状態で Wifi に繋げたら、つなげたアクセスポイントの通知が来ます。(ちょっとタイムラグはありますね)

Android 端末の連携できる機能

Android 端末では現在以下のような動作に対応しています。

必ず Android の機能と連携しなければいけないということは無いですが Web サービス同士を連携させるのは Web からやったほうが手っ取り早いし、折角 Android 対応したので何ができるのかを確認してみました。

if に割り当てれる Android の動作

  • WiFiに接続/切断した時
  • 指定したWiFiに接続/切断した時<
  • ある特定のエリアに入ったら/出たら
  • (指定した番号の もしくは 何れかの)電話が来たら/出たら/不在通知があったら
  • 新しい写真/スクリーンショットを撮ったら
  • ある特定のエリアで写真を撮ったら
  • (指定した番号の もしくは 何れかの)SMSを送ったら/受信したら

then に割り当てれる Android の動作

  • 着信音をミュート/ボリュームの設定
  • 壁紙を更新
  • 通知を行う
  • SMSを送信

組み合わせ悩みますねぇ。

Sponsored Link

シェアする

フォローする