Caffeine で Mac をスリープさせないようにする

シェアする

caffeine

基本的にパソコンはほっとくとスリープするように設定してるんだけど、今は勝手にスリープしてほしくない!って時が結構ある。そこで Caffeine というアプリを利用するとスリープまでの時間を一時的に調節する事ができて便利だ。

Sponsored Links

Caffeine の使い方

使い方はとても簡単、起動したらメニューバー上にあるコーヒーカップのアイコンをクリックするだけ。

caffeine-use

コーヒーが入ってたら on, 入ってなかったら off です。わかりやすいですね。

Caffeine の設定

設定項目もとても少なくシンプルです。

caffeine-setting

  • ログイン時に自動的に起動するか
  • お昼の時間に自動的に有効になるか
  • このメッセージを Caffeine 起動時に表示するか
  • デフォルトのスリープしない時間

時間の設定はメニューバーのアイコン右クリックからでも設定が可能です。

地味に便利です。

Sponsored Link

シェアする

フォローする