Mac でアプリケーションをアンインストールするなら AppCleaner が便利

シェアする

Mac 使っててアプリケーション消したくなったなーと思ったら Application ディレクトリからアイコンをゴミ箱へドラッグアンドドロップするわけだけど、そうするとそのアプリでのみ使用していたファイル群がそのまま残ったりする。

で、それらを手動で消すのはとてもだるい。だるいので AppCleaner というフリーソフトで解決させる事にする。

このアプリを利用する利点としては主に以下のようなものがある。

  • アプリに関連するほとんどのファイルを削除できる
  • アプリ、ウィジェット、プラグインを全てこのアプリから削除可能
  • 設定より特定のアプリを削除できないようにできる
  • ゴミ箱にアプリが入った際に自動的に関連ファイルも削除するか聞いてくる

ページ右下にある Downloads よりダウンロードし、インストールしよう。

Sponsored Links

使い方

app cleaner

使い方は簡単、AppCleaner を起動し、そこに削除したいアプリケーションをドラッグするだけだ。もしくは上部タブからアプリケーション及びウィジェットなどの一覧を表示し、そこから選ぶ事も可能だ。

今回は使用しなくなった Found というアプリをアンインストールしてみた。

app cleaner

Found を選択すると、Found 本体とそれに関連するファイルの一覧が表示され、それらを全て削除するかどうか確認できる。全て削除するならそのまま Delete ボタンを押そう。

Sponsored Link

シェアする

フォローする