Mac で JPEG ファイルを圧縮するなら JPEGmini Lite が便利

シェアする

jpegmini

普段スクリーンショットを Skitch で編集してブログにアップロードしてるんですけど、Skitch が出力する JPEG はあまり圧縮されておらず、サイズが大きい。

最近はどこでも回線が速く画像が少ない記事であればそれでもどうにかなるが、増えてくると馬鹿にならない容量になってしまう。

そこで JPEG ファイルを圧縮する為に利用するのが JPEGmini Lite というフリーソフト。Mac の有名な JPEG 圧縮ソフトである JPEGmini のフリー版という位置づけで一日に20枚までの利用制限がある。

そこそこ画質を保ったままファイルサイズを圧縮できるので良いです。

Sponsored Links

使い方

JPEGmini Lite を起動してウインドウに jpeg ファイルをドラッグするだけで圧縮されます。

jpegminilite

この画像では 350 kb ほど圧縮されました。

デフォルトでは圧縮したJPEGファイルで元画像を上書きしてしまいますので、別に保存する場合は Preference から Export to Folder を選択し、好みのフォルダを指定しましょう。

自分は一日に20枚以上圧縮する事が無いので Lite のままですが沢山使う場合は Lite でないほうを利用しましょう。ちなみに現在2000円です。

Sponsored Link

シェアする

フォローする