Android の root 化のデメリットには何があるのか

シェアする

Android 端末はある手段で root を取得する事により、端末の自由度が広がり便利になる事があります。僕も所有する端末二台とも root 化しています。

キャリアによる制限を回避し通常ではアンインストールできないアプリを削除したり、simロックを解除したり、font を入れ替えたり、非公式の ROM をインストールするといった事ができます。

こういったメリットがある一方、デメリットもあります。

Sponsored Links

失敗すると起動すらしなくなる

root 権限を取得すると、通常では触る事ができない OS のファイルにもアクセスする事ができます。編集したり消したりしてはいけないファイル,アプリケーションに対しても普通のアプリケーションと同様に操作する事ができます。間違ってそれらを操作して Android そのものが動かなる可能性があります。やめておきましょう。

メーカーの保証がなくなる

メーカーの保証がなくなります。多分、このあたりの説明は購入時にうける気がしますが、 root 化された端末はキャリアショップに持ち寄っても門前払いされます。root関係ない不具合とか故障が発生しても修理を行う事ができなくなります。やめておきましょう。

動かないアプリケーションがある

今大人気のパズル&ドラゴン、root を取ってると遊べません!
同じく大人気の LINE のゲームも root を取ってると遊べません!!!

自分はスマフォでゲームはそこまでしないんですけど流行ってるなら少しぐらいかじっておこうぐらいのノリでやろうとしたんですけど、まるで動きませんね。残念です(といいつつ ipod touch を起動)

ちなみにぐぐったら root 化した端末でパズドラやる方法とかでてきますがそこまでしてやりたくないので放置です、はい。

root 化、やめておきましょう。

Sponsored Link

シェアする

フォローする