tmux をソースからインストールする

シェアする

前回の vimzsh に引き続き tmux もソースからインストールしました。yum とかと比べてちょっと手間ですが最新版が使えますし良いですね。

tmux には前回 vim をインストールする際に入れた ncurses に加えて libevent もいれないといけないのでまずそれをいれます。

Sponsored Links

libevent を入れる

$ git clone http://github.com/libevent/libevent
$ cd libevent/
# github からの場合、configure が無く付属の autogen.sh で生成する
$ ./autogen.sh
$ ./configure --prefix=$HOME/local
$ make
$ make install

tmux を入れる

tmux をインストールします。自分のディレクトリに入れるので引数変えたり環境変数追加したりしてます。

$ wget http://downloads.sourceforge.net/project/tmux/tmux/tmux-1.7/tmux-1.7.tar.gz
$ tar zxvf tmux-1.7.tar.gz
$ cd tmux-1.7

# vim を入れたときと環境変数の値が違うので注意
$ export LDFLAGS="-L$HOME/local/lib  -L$HOME/local/lib/ncurses"
$ export CPPFLAGS="-I$HOME/local/include -I$HOME/local/include/ncurses"
$ ./configure --prefix=$HOME/local
$ make
$ make install

起動

さっそく起動しようとしたらエラーが出た。

$ tmux
tmux: error while loading shared libraries: libevent-2.1.so.1: cannot open shared object file: No such file or directory

libevent-2.1.so.1 が見つからないといわれたが ~/home/lib にはちゃんとあるので PATH を通す必要がある。こういったライブラリの PATH は LD_LIBRARY_PATH を使用する。

$ export LD_LIBRARY_PATH="$LD_LIBRARY_PATH:$HOME/local/lib"

これで動いた。.bash_profile とかにも上記 export 文を書いておこう。

Sponsored Link

シェアする

フォローする