Blender で作られた初音ミクを Unity で動かす。

シェアする

miku on unity

Unity入門のチュートリアルやったときに作った coincrazy、人のモデルがアレなので初音ミクにでもしようと試行錯誤してたらどうにかできた。

簡単に解説してみる。

Sponsored Links

ミクの素材を用意する

まずは Blender でミクを作らないといけない。作るのは非常に骨の折れる作業なので今回は個人用途ならフリーで使用できるモデルをダウンロードして使用した。ありがとうございます。

上記から Blender ファイルをダウンロードし、Blender で開きます。

miku on blender

Unity は Blender ファイルを扱えるので、そのまま上記のファイルをドラッグアンドドロップで project 欄に放り込めばそれで使うことができます。しかしそれではアニメーションが定義されてないので、Blenderで作ってやる必要があります。

Blender でアニメーションを作成するには DopeSheet を使用します。

miku on blender

ポーズを決めたいフレームを選択した状態で、モデルのボーンを選択し適当に回転や移動をした後、i キーを押して LocRot を選ぶとそのフレームでのポーズを決定できます。こんな説明でいいのか不安になる、Blender のアニメーション作成のチュートリアル見たほうがいいです。

Unity に取り込む

アニメーションを作成したら保存して Unity にドラッグアンドドロップすればそのまま使えます。

使えるんですけど、衝突判定用のポリゴン?(自分もなんだかよくわかってない)とかが表示されてて見た目が悪いのでそれらを非表示にしといたほうがよいです。

miku on blender

非表示にしたパーツは Collision_*, Deform_Skirt, Shape_*, Sim_* Floor あたりです。それらの Inspector 欄にある Skinned Mesh Renderer のチェックボックスを全て外してます。

あとはこのミクに対してレイヤー、タグ、スクリプト、オーディオソース、Collider、Blob Shadow Projector を GenericMan 同様に指定してやればOKです。

---

これだけ見ると簡単そうなんだけど、アニメーションをいじって Blender ファイルを取り込む際にミクのモデルが一部壊れて服とかずれて大変な事になってた。3D難しい...。

Blender から Unity へインポートするにはいろいろハマるところがあるようだ。以下のエントリーも試してみると良いかも?

とりあえずやり方は覚えたので良しとしよう。

Sponsored Link

シェアする

フォローする