ハッカーと画家読んだ。

シェアする

ハッカーと画家読んだ。

Hackers and Painters

読もう読もうと思って読んでなかった本。今更すぎるし俺が何か書く必要も無いだろう。

ハッカーとあるが特に難しい話は出てこない。ハッカーとはどのような人種であるか、IT業界やそのベンチャーとは何か、これから何をすべきかを著者ポールグレアムの体験から書いている。

とても興味深い本なのでちょっと同僚にも布教してこよう。

ところでこの本はポールグレアムが書いたエッセイなどを一つに纏めて編集したものらしい。原文の一部はポールグレアム氏のWEBサイトで読めるし、その翻訳もちゃんと許可されて書かれた物もWEB上にあがっている。是非読んでほしい。

折角なので本にあった章をまとめてみる。

一部の章は翻訳が見当たらなかった。本を買いましょう。

もちろんポールグレアムのエッセイは本書以外にもあり、和訳されているものも多い。この機会に読み進めていきたい。

naoya_t:ポール・グレアムのエッセイと和訳一覧

ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち
ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち ポール グレアム Paul Graham

オーム社 2005-01
売り上げランキング : 10812

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Sponsored Link

シェアする

フォローする