土管屋は土管屋に徹してくれよという話。

シェアする

ドコモの新端末発表をニュースサイトで見た。ガラケーからスマフォになっても相変わらず似たような端末ばっかり出すのだなぁという印象である。銀河やXperiaも含め違いをあまり感じない。まー気に入らなければ買わなければ良いので別によいのだが次に見たニュース見てげんなりした。

「土管化は回避する」

通信事業者が何を言っているんだろう。そりゃ企業だから土管屋だけじゃ嫌なのだろうがそういったプランも提供すべき。それが通信事業者の本来の役目ではないのか。

俺が欲しいのはDocomoの回線であってDメニューやNOTTVやSPモードメールではないのだ、国内で一番信頼できるDocomo回線だけが欲しいのだ。ワンセグもアニメストアも必要ないし、そしてそれらがインストールされたあげくアンインストール不可な端末は欲しくない。どこがスマートなんだ?

そしてそれに対する解決策は一応、ある。B-Mobile などの Docomo 回線を使用した MVNO 事業者と契約する事だ。通話と通信が行えるsimカードだけ購入でき余計なサービスは一切無い。これにSIMロックフリー端末を使えば解決?そんな単純ではない。

SIMロックフリー端末自体が日本国内にはほぼ無い。端末メーカー及びキャリアが端末のみで販売していないのだ。もちろんDocomoは公式にSIMロックを解除するサービスを行なっているが、そのために契約するのか? そしてテザリング時のAPNはSPモード時のままだ。俺には必要のないDメニューなどのガラスマ機能も顕在である。そしてそれを回避するには rooted が必要だがそうすると基本的に保証が効かなくなる。

そして海外の端末は基本的に技適に通ってないので使えない。

技適マークが付いてない無線機を使用すると電波法違反になる場合があります。

なんとも残念な状態である。

というわけで全うな方法で好きな端末を使う術が無い。もっとも技適のない端末使って捕まったり罰金払ったりするような話は聞いたことが無いのでコッソリ使う分には・・・ではあるが。

Sponsored Link

シェアする

フォローする