給料日までの残り日数を表示するAnrdoidアプリ作った。

シェアする

PayDayCounter

Android アプリの勉強ついでにちょっとしたアプリケーションを作って公開までしてみた。

給料日カウンター

内容はもうタイトルそのままなんだけど、給料日までの日数を表示するだけのウィジットです。出落ち感ハンパない。給料日の日付と土日祝日だったら振返るかどうかだけ設定できます。

以下所感

  • Javaわかんねーとか思ってたけど大体どうにかなる。
  • JavaよりAndroid SDKで何ができるのか把握すべきでそれはSDK付属のAPI Demosを見れば大体わかる。もちろんコード付き。
  • PHPerからするとやたらとわけのわからない用語とか動作が沢山出てくるけど大体どうにか(ry
  • エミュレータ速くなったって聞いたけどやっぱり遅いから実機で確認が良い。
  • 端末毎の切り分けが面倒くさい。ある程度はSDKが吸収してくれるが複数台での実機検証必須。
  • SDKを2.1向けにして作ったのにエミュレータの2.1で動かないとかある。よくわからんから放置した。
  • エミュレータだけじゃなくDDMSも重いのかバグなのかわからないが動作不安定すぎる。
  • Eclipseはパワフルだけど純粋なコーディングには使いにくい。普段Vim使ってるからだろうけど。
  • AppleのAppストアよりお金かけずに且つ審査無しでアプリうpれるのは良い。

こんな感じかな。

ほんとはiphoneアプリも作って比較したかったが手元に Mac は無いので省略。iPhone アプリのほうが機器間の差異がほとんど無いので作りやすそうと思ってるのだけどどうだろう。

とりあえず他にやることができたのは Android アプリはこのへんにしておこう。もっと触りたいんだけどな...。

Sponsored Link

シェアする

フォローする