海外にオベ建てる為に Android の位置情報を偽装してみた。

シェアする

俺がやってるオンラインゲームであるFatansyEarthZeroからオベ建てというアプリが出ました。

ARマーカー付きで写真を撮ったらオベリスクを GoogleMap 上に建てれるという単純なものです。

obe-tate

ところで Android 端末では位置情報の偽装はわりと簡単にできます。アプリ側で偽装を難しくする事もできますが今回はそこまで精度を求めてないようで、すでに硫黄島や竹島などにオベが建っています。

というわけで俺もヨハネスブルグに建ててみました。

使用したのは Xperia arc (Android端末ならなんでもいいです)

まず位置情報を偽装するための Location Spoofer と対象のアプリである オベ建て をインストール

位置情報の偽装を有効にする為に設定を変えておきます。

Settings -> Applications -> Development -> Allow mock locations を有効にします。

Location Spoofer を起動し、Select from map から偽装したい位置にマークを決め、Use this location を押し、Start Spoofer を押して偽装を開始します。

obe-tate

obe-tate

ヨハネスブルグを中心にして Use this location !

開始したらオベ建てを起動し、ARマーカーを出して適当にオベ建てます。

写真が取れたらFEZ公式ページへ遷移し、ログインします。

ログインしたらオベ建てできた位置を確認できます。全体MAPに反映されるまでには若干のラグがあるようです。

obe-tate

無事ヨハネスブルグに建てれました。めでたしめでたし。

Sponsored Link

シェアする

フォローする