韓国行ってきたよ!

シェアする

社員旅行で韓国行ってきたので写真ぺたぺたする。

090908 トップページ重くなったのでパーマリンク張った。

□日程
9月4日10時成田発
(ごにょごにょ)
9月6日17時35分仁川発

成田で飛行機乗るところ。そういえばJALしか乗ってないな最近。

仁川ついたところ。しょっぱなから日本語の広告がある。日本人は多いのだろう。

建物がきれい。だけどここはロビーに出た瞬間土産と思われるキムチのにおいが強すぎてひどい。このへんで韓国だということを実感する。

ついたら昼飯。土俗村という店でちょっと小さい鶏丸々一匹食べる。美味。

鳥の内臓とかとって中にもち米とか入れてある。

当たり前のようにキムチがでてきた・・・

その後ホテルへ

荷物おいて明洞に行く。明洞は日本の銀座とか原宿とか言われてるらしい。今思ったが韓国の地名は漢字変換するのがめんどくさい。

日本語メニューがある店も多いので韓国語も英語もわかんなくても大体大丈夫。

同僚が32cmアイス食ってた。これで1000ウォンなので安い。

ユニクロ明洞店!

いやもうこのへんはハングル語が無ければ日本と言っても区別がつかない。

アップルマークも発見しますた。

路上パフォーマもいた。ボールは友達ですね!

忘れた。なんだっけ bank of korea ?

この交差点はよく通る。夜通った時も写真とった。

以前盛大に燃え上がった南大門の成れの果て。改装中です。

そして南大門市場へ

屋台大杉 こーゆーの好きです。一つも食べてないけど。

やたらとメガネを勧められる。

市場を抜けて名前忘れたけどデパートへ。日本の飲料は高い。

夜の噴水。

夜の・・・なんだっけ。

夜飯は先輩がオススメといってたムジン屋

冷麺とか食った。

ビールも頼んだ。この店にビール3種類あって飲み比べしてみた。OB Blue > Hite >>>>>>> cass と結論が出た。「cass の読み方は カス ですよねーーーー」なんて話をする。ちなみに飲んでたら専務もこの店来た。。。

まだまだ時間あったので夜の町へ・・・といってもスポーツバーでビール飲んでただけ。閉店までビールピッチャー一つだけで6人も居座ってすみません。

その後ホテルで爆睡。。。

次の日の朝は例によって一人で行動しますた。
地下鉄乗り継いでソウル駅へ

ちょっと

KTXが

見たかっただけです。

KTXのホームは入場チケットとか必要無く誰でも自由に入れる様です。素晴らしい。僕は満足した。

ちなみに駅は迷彩服来た軍人が歩き回ってる。なんじゃらほい。

飯。メニュー表には日本語も英語も書いてなかったけどビビンバって言ったら通じた。美味。

飯食ってどこに行こうかと思ったが、駅出たら目に入ったのでソウルタワー行く事にする。
途中にミニストップがあった。びっくりだよ。

まだ遠い。

階段。。。

明るさ調節みすったかな。曇ってる上にソウル空気悪いんじゃね?って思った。どうなんだ。

頂上着いたら民族衣装着た何かがいた。

高い

N!

鍵大杉

上の展望台まで昇った。

クマー(AA略

帰りは疲れるのでケーブルカー使います。片道600ウォン、往復キップ750ウォンだっけな。なんだか損した気分

ケーブルカーついでにソウルの地下鉄の自動改札。キップはもう売ってないのか?全員T-Moneyと言う電子マネーを使っている様だった。俺は前日にガイドが配ってたのをそのまま使った。初乗り900ウォンで日本と比べるとえらい安い。都営地下鉄もこのぐらい安く・・・はならないよな・・・

まだまだ時間あったので徳寿宮行ってきた。

なんでしょう。

ドーン

徳寿宮と同じ敷地にあるのにまるっきり世界観の違う建物。なんなの。

展示をやってたようだけど・・・僕は見なかった事にしてとっとと立ち去った。

時計だっけ

演奏してた。時間もそれなりにあったので結構聴いてた。

夕飯。社長が連れてっていってくれた、地元民しか来ないような焼肉屋らしい。

オギョプサル+サンチェ+キムチ+ニンニク+ゴハン=ウマー
こんなに美味しい肉は久しぶりに食べた。

店の人が焼酎に青唐辛子を入れてくれた。この直前に青唐辛子を肉と一緒に食ってヒドイ目にあったので大丈夫かと思ったら意外といけた。というかこのほうが美味。

飲みすぎたのでこの後はすぐホテル戻って風呂入って寝た。
同僚の中には15分7万ウォンな店に直行したりとかする人がいたようですが見なかった事に。

3日目はお土産適当に買って明洞散歩して終わり。帰って寝た。

□韓国まとめ
1)キムチ美味い
2)オギョプサル美味い
3)ビビンバ美味い
4)冷麺美味い
5)海苔美味い

また行きたいですね。食べ物的な意味で。

Sponsored Link

シェアする

フォローする