coLinux + Debian4.0(etch)で日本語表示&入力

シェアする

coLinuxのDebianには日本語全く入ってなかったのでメモメモ


ここが参考になる。本家だし。

とりあえずscimとanthyは必須かな

colinux $ sudo apt-get install scim scim-anthy im-switch

次にフォントを入れようとしたら・・・

colinux $ sudo apt-get install ttf-kochi-gothic
dpkg was interrupted, you must manually run 'dpkg --configure -a' to correct the problem

と出た。おっしゃる通りにコマンド打つと・・・

colinux $ sudo dpkg --configure -a
.....
/usr/sbin/update-anthy-dics line 82 killed 982
.....

途中でエラー出て止まる。とりあえず82行目をコメントアウトしたらOKだった。ほんとに大丈夫なんだろうか、今のところ問題なしだけど。

colinux $ sudo dpkg-reconfigure locales

en_us.UTF-8とja_JP.UTF-8を突っ込む。ja_JP.UTF-8は使わないけど日本人ですから。

colinux $ cat /etc/locale.gen
ja_JP.UTF-8 UTF-8
en_US.UTF-8 UTF-8
colinux $ export LANG="en_US.UTF-8"
colinux $ im-switch -c                    // scimを選択
colinux $ export GTK_IM_MODULE="scim"

この状態でFirefox(Iceweasel)を起動すれば日本語表示できて、scimも同時にあがって日本語入力もできるようになる。右下あたりに出るSCIMツールバーで設定も可能だ。しかしim-switch必要なのかなこれ?まいっか。

Sponsored Link

シェアする

フォローする