CakePHPのチュートリアルをやってみた。

シェアする

CakePHP勉強中。マニュアルは適当に流して作りながら覚えちゃろう!ってノリでチュートリアルをやる。もちろんSQLite付き。大したことはしてないけど。

サーバは初代玄箱をDebian(etch)化したものを使用
Apache/1.3.34 (Debian)
PHP/4.4.4-8+etch4
SQLite 2.8.17

以下2つ注意する場所があるが大した問題もなくスムーズに作成することができた。

注意点

1) mod_rewrite

標準の.htaccessではPathが通っておらず、CSSが読み込まれなかったり、作成したページが表示されなかった。これはmod_rewriteの設定を適切に変更すれば解決する。参考にしたページ消えちゃた。
すでにApacheに組み込まれているならば.htaccessにRewriteBaseを追加すればOK

RewriteBase /~jklryo/cake/app/

もしApacheに組み込まれてなければApacheの設定を変更しよう。
1.3系はhttpd.confでLoadModuleにぶちこめばOKかの(適当
2.2ではmods_enabledにrewrite.loadをぶち込んで(ry

2) SQLite

まずはデータベースの設定。チュートリアルではMySQLを使用しているのでuserやらpassやらに値を入れているが、SQLiteはDBのファイルパスを渡すだけでOK

var $default = array('driver' => 'sqlite',
'connect' => 'sqlite_open',
'host' => '',
'login' => '',
'password' => '',
'database' => '/home/jklryo/public_html/cake/app/cakeblog.db',
'prefix' => '');

CakePHPで使用するデータベース定義では、Serial型が必須だがSQLiteにはSerial型がない。そのためチュートリアル通りに作成するとデータを投稿したとき、IDが割り振られないので編集や削除ができない。SQLite では INTEGER PRIMARY KEY を指定すればSerialっぽく動作するので、それをIDに指定すればOK。

また、例にあるエントリーのINSERT文にはNOW()関数が使われているがSQLiteでは使用できないので注意。'2007-09-24 15:50:10' といった感じに置き換えておく。

こんな感じだろうか。かなりすんなりと作成できてしまったので驚いた。フレームワークうめえ! 多少動作が遅いかなーと思うがCPUがPPC200MHzだししょうがないかもしれない。高速化の設定を探してみよう。

Sponsored Link

シェアする

フォローする