Bashで日本語を扱う

シェアする

インストールしっぱなしでaliasとPS1以外の設定をせずにほったらかしてたbashで日本語扱える様に設定した。

uenox HomePage Cygwin 日本語化を参考にした。ページタイトルにCygwinと付いてるがbashの事なので関係なし。今回はCygwinとDebian化した玄箱両方を設定した。

まずはinputrcに追加。Cygwinと玄箱どっちかわすれたけど、inputrcが無かったので新規作成したが問題なく動作した。

#vi /etc/inputrc
set kanji-code sjis
set convert-meta off
set meta-flag on
set output-meta on

次にprofileに下記を追加。

#vi /etc/profile
export LANG=ja_JP.SJIS
export TZ=JST-9
export JLESSCHARSET=japanese-sjis
alias ls='ls --show-control-chars --color -F'

これでbashを再起動すればおk。ログインしなおしでもおk。日本語が表示されます。ターミナルの文字コード変更しないと文字化けするかもしれません。

------------追記

よくよく見たら、Debianに設定するのにShiftJISじゃダメじゃん。一応表示は問題ないけど念のため直しとく。というわけでDebianの/etc/profileと/etc/inputrcを修正

#vi /etc/inputrc
set kanji-code euc
set convert-meta off
set meta-flag on
set output-meta on
#vi /etc/profile
export LANG=ja_JP.eucJP
export TZ=JST-9
export JLESSCHARSET=japanese
alias ls='ls --show-control-chars --color -F'

これで大丈夫かな。

Sponsored Link

シェアする

フォローする